コックスベッド治療

コックスベッド治療

コックスベッドは、患者さんがうつ伏せで寝ている状態で、ベッドの下半身の部分が上下左右に動くベッドです。

腰椎椎間板ヘルニア、脊柱間狭窄症、脊椎すべり症、椎間関節症、サブラクセーション(関節の動きが悪い)の治療に使用されます。

 

腰椎について局所的に上下左右の運動を与えることで、筋肉の緊張・疼痛の緩和や関節の可動域の改善に効果があります。

 

シビレを伴う椎間板ヘルニアでは、痛みやシビレの減少する位置で、継続的に牽引を行います。

機械で引っ張る牽引機では、局所的に刺激を与えることができませんが、

このコックスベッドを使用すると、痛みの原因となるポイントに集中して刺激を与えることができます。