腰痛治療

一般的に腰痛は大きく分けて4つに分けられます。

①筋肉による痛み

②関節による痛み

③椎間板による痛み(椎間板ヘルニア)

④脊柱管狭窄症

当院では患者様1人1人の腰痛の症状に合わせて選択し、治療させて頂きます。

 

 筋肉による痛み

腰の筋肉を傷めてしまった腰痛です

 

・痛い所がはっきりせず、腰全体が痛く感じる

・腰を反るよりも前かがみになると痛みが出る

・痛い所を伸ばすようにすると痛みが出る

・朝よりも夕方になると痛みが強くなる                詳しくはこちら 

②関節による痛み

腰の関節を痛めてしまった腰痛です

 

・痛い所がはっきりしていて、『ここが痛い』と指をさすことができる

・前にかがむよりも腰を反らす方が痛い

・左右の痛い方に体重をかけるようにすると痛い

・時間によって痛みに差は無く、一定の動きで痛みが出る          詳しくはこちら

椎間板による痛み

腰の椎間板が後方に飛び出してしまった非常に重篤な腰痛です。

 

・朝起きた時が特に痛みを感じる

・腰を前にかがめることが出来ず、常にまっすぐな姿勢でいる

・立っているより座っている方が痛みが出る

・足に痺れがある

・右か左の痛い方に体重がかけられない為、身体が横に強くまがってしまう。

                                    詳しくはこちら

④脊柱管狭窄症

腰の脊柱管が狭窄し、神経を圧迫して起こる椎間板ヘルニアと同様に重篤な腰痛です。

 

・腰を反らすと痛むが、前に曲げると痛みが和らぐ

・歩いていると腰や足に痛み、もしくはシビレが出るが、座って休むと楽になる(間欠性跛行)

・朝の方が痛みが強い

・座った状態から立ち上がとすぐに腰を伸ばすことができない

                                     詳しくはこちら