筋肉が原因による腰痛

 

腰の筋肉にはさまざまな役割があり、

腰の動きに関係する筋肉や、姿勢を保とうとする筋肉などいろいろな働きをする筋肉が存在します。

その筋肉を損傷することによって起こる腰痛をさします。

筋肉は急激な力が加わったり、持続的な力をかけ続けたりすると損傷します。

損傷した状態は肉離れと同じ状態になり、力を入れたり損傷した筋肉を伸ばすと痛みがでます。

■筋肉が原因による腰痛の特徴

・痛い所がはっきりせず、腰全体が痛く感じる

・腰を反るよりも前かがみになると痛みが出る

・痛い所を伸ばすようにすると痛みが出る

・朝よりも夕方になると痛みが強くなる

 

腰の痛みが強い時は痛みをかばうように身体が不自然に曲がることがあります。

 

■腰の主な筋肉

脊柱起立筋  (姿勢を保ったり背筋を伸ばしたりする筋肉)

腰方形筋   (身体を横に倒したり、後ろに反らしたりする筋肉)

多裂筋    (背骨を支えたり、わずかに腰を捻じる筋肉)

大腰筋    (腰を前に曲げたり、足を持ち上げたり、背骨の正常な彎曲を支持する筋肉)

  

などなど・・・

特に大腰筋は昨今の日本人の生活習慣の変化などで負担がかかりやすくなっており、

腰痛との関係が深いと言える筋肉です。

 

 

 

 

 

■治療法

治療としてまずは、痛めた筋肉の緊張を緩める必要があります。

急性期の場合はRICE処置も有効で、痛めた個所を冷やして圧迫する事も大事です。

 

当院では痛めた筋肉を緩める為に直接腰を触って緩める方法もありますが、

カイロプラクティックで身体の歪みを調節することで筋肉への負担を減らす方法や、

プロテックで腰を浮かせる治療器で上半身の体重をかけない状態を作ることで

筋肉にかかる負担を減らし筋肉を緩める方法など、

痛めた筋肉や症状に合わせて治療を選択します。